パーティーレポート

  • 婚活コラム
  • 2019年09月24日(火)

もう話題には困らない!婚活パーティーにおすすめの話題を紹介

婚活パーティーで、どんな話題を切り出せばいいのかわからなくて困ってる……そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

 

どんな話題なら盛り上がれるのか、どんな話題なら沈黙せず話をつないでいけるのか、そしてどんな話題なら気になる人の気持ちを射止めることができるのか……初対面の人とする会話ですから、正直分からないことばかりですよね。

 

そこで今回は、婚活パーティーにおすすめの話題をご紹介していきたいと思います。

 

なかなか普段から話し上手になれず、特に初対面の人との会話ではいつもつまずいてしまう……という人はぜひ参考のうえ婚活パーティーに臨んでみてくださいね。

 

婚活パーティー中に会話で盛り上がることは必要不可欠!

 

婚活パーティーでは、対面して多くの人と会話をすることができます。多いときでは何十人という異性と出会って会話をすることができますから、出会いを積極的に探したい人にはまさに持ってこいの場ですね。

 

そして、出会った人と交流を深めて仲良くなるためには、何よりも会話を楽しむことが必要不可欠。

 

話が面白い人は婚活パーティーの中で人気者になれますし、話が合う人同士は自然と気持ちも惹かれ合うものです。

 

婚活パーティーにせっかく参加するなら、やはりたくさんの人といろいろな話題で盛り上がれるよう、会話のテクニックを磨いておきましょう。

 

婚活パーティー中の話題に悩む人は多い

 

 

しかしそうは言っても、出会う人は全員その日初めて出会う異性。初対面の人だからこそ、どんな話題を切り出して交流を深めていけば良いのか、迷う人はやはり多いです。

 

そのため婚活パーティーに参加したところまでは良いものの、

 

・すぐに話題がなくなりテンパってしまった
・沈黙して気まずい雰囲気になってしまった
・話題が見つからないことがトラウマになり婚活パーティーが怖くなった

 

といったような失敗を重ねてしまう人は少なくありません。

 

「初対面の人とでもすぐに盛り上がって話せる!」と自信を持って言える人は、正直そこまで多くないでしょう。婚活パーティーそのものに慣れていない人なら、なおさらです。

 

備えあれば憂いなし!盛り上がれる話題を知っておこう

 

せっかく婚活パーティーに参加したのに、結局何も話せず、気まずい思いをして終わってしまった……そんな状況になることだけはなんとか避けたいですよね。

 

備えあれば憂いなしというように、婚活パーティーでどんな会話をすべきか不安なら、まずは初対面の人同士でも盛り上がれる話題についてよく知っておきましょう。

 

人見知りな性格の人、異性に苦手意識がある人、話題がなくなるとあわててしまうせいで頭が真っ白になってしまう人など……「婚活パーティーってどんな話題で盛り上がればいいの?」と思う人は、出すべき話題を最初から用意しておくのがおすすめです。

 

婚活パーティーにおすすめの話題

 

 

では実際に、婚活パーティーではどんな話題を出せばいいのか、その内容を見ていきましょう。

 

自己紹介からつなげる仕事の話題

 

婚活パーティーで多くの人が話すのが、お互いの仕事についてのこと。仕事についての話題は自己紹介から話をつなげていきやすいのがポイントになります。とにかく何を話していいのかわからない人は、基本的に仕事についての話題を出すことを意識していきましょう。

 

どんな仕事をしているのか、どんなポジションなのか、業務の何が大変で何が面白いのかなど、仕事について話せることはたくさんあるものです。

 

ただ、仕事について話す際は、なるべくネガティブなことを言わないようにだけは気をつけましょう。「本当はやりたくない仕事」「上司がうっとうしい」「出世できないのが悩み」など、愚痴めいた話は聴いていて気持ちの良いものではないからです。

 

人柄を知るのにも効果的な趣味の話題

 

趣味についての話題も、初対面の人同士でも盛り上がれる話題の一つです。仕事と同じで、趣味の話も自己紹介の流れからつなげていきやすいのがポイントになります。

 

正直、仕事の話題だけでは、その人の人柄はなかなか把握しきれないものです。例えばIT関係の仕事をしていると話せば、なんとなくインドア派でおとなしそうな印象を受けるかもしれません。

 

ですがそんなデスクワークが中心の人でも、趣味はスポーツで体を動かすことが好きという場合もあります。そうなると印象は一気に変わりますよね。

 

また、趣味を知ることで、好みや価値観が似ていることがわかる場合もあります。そうなると話は非常にスムーズです。「休日の過ごし方」や「いつも出かける場所」など、趣味の話はいろいろな話題にもつなげていけるため、会話が苦手な人はぜひ積極的に話すようにしてみましょう。

 

好きな食べ物やお店の話題

 

 

好きな食べ物やよく食事に行くお店についての話題もおすすめです。婚活パーティーは軽く食事をしながら進むことも多いので、そのとき食べているものを「これ美味しいですね!私これ好きなんです」と言いながら話を進めていくことができます。

 

好きな食べ物のジャンル、よく作る料理、最近行ったおすすめのお店など、食べ物に関わる話は基本的に苦手だと思う人が少ないので、誰でも話せる鉄板のネタともいえるでしょう。

 

学生時代の専攻や部活の話題

 

学生時代のときのことについて触れるのも良いでしょう。学生時代の専攻や、部活やサークル、その他熱心に取り組んでいたことなど、話せることはたくさんあります。

 

同じような分野の学校に通っていた人同士なら、話も盛り上がりやすいでしょう。学生時代に苦労していたことやあるあるネタなどを持ち出せば、お互いに共感できて距離も一気に縮まるかもしれません。

 

地元や職場周辺についてのご当地ネタ

 

出身地、今住んでいるところ、職場周辺など、自分がよく知っている地域についてのご当地ネタで話を盛り上げるのもおすすめです。

 

行ったことのない場所、まったくなじみのない場所なら、相手は何も知らないものなので話せることもたくさんあります。

 

「○○出身なんですけど、周りは山ばっかりで。子供の頃はよく山に遊びに行ってましたね」

「そうなんですか、○○は山が多いんですね。初めて知りました!のどかで素敵ですね」

 

というように、自分にとっては当たり前の話でも、相手にとっては初めて知る新鮮な話であることは多いです。

 

沈黙しそう!話題に困ったときは…?

 

 

婚活パーティーの間は、たくさんの人と会話をするからこそ、時には話題がなくなって沈黙しそうになるときがやってきます。沈黙してそのまま何も話さなくなってしまうのは気まずいことこの上ないので、そんな事態だけは何としても避けたいところですね。

 

では最後に、話題がなくなってしまったときはどんな会話をして話を途切れさせないようにするのが良いのか、その「ピンチ回避方法」について解説していきます。

 

天気や時事ネタなどで会話をつなぐ

 

話題がなくなって困ったときは、とにかくまずは「つなぎ」の他愛ない話題を切り出すことが大事です。天気や時事ネタは誰でも簡単に出せる話題なので、あまり難しく考えず、「昨日は雨が凄かったですね」「最近びっくりするくらいいい天気が続きますよね」と話をつなげていきましょう。

 

このようなつなぎの話題が入れば、徐々にそこから次のテーマへと話題を転換していくことができます。「昨日は雨が凄かったですね」→「仕事に行くのも大変でしたよね」→「うちの職場は雨が降ると……」といったような流れです。

 

周りにあるものから話題を見つける

 

話題がなくなって困ったときは、まず周りにあるものから次の話題を見つけることを意識しましょう。

 

周りの景色を見て「すごく良い眺めですね」と話を振ったり、ご飯を食べながら「これ美味しいですよね。なんていう料理なのかな?」と切り出してみたり……。話題に困って、でも天気の話をいきなりするのは不自然な感じだし…と思ったときなどにおすすめです。

 

また、相手の持ち物や身につけているものなどを見て、褒めるのも良いですね。「ネクタイの色、とても素敵ですね」「その時計、可愛いデザインですね」といったように、相手の持ち物を観察して話題を見つけていきましょう。

 

「緊張しちゃいますね」とあえて心をオープンに

 

うまく話せないなら、そのことをざっくばらんに話してみるのも一つの手です。

 

「なんだか緊張しちゃいますね」「婚活パーティーってドキドキしますよね」と、あえて自分の心をオープンにして話を切り出せば、逆にそれが相手にとって親近感を持つことにつながります。

 

実際、婚活パーティーは、誰もが初対面の人と出会う場所です。多くの人が緊張し、何を話せば良いのか……と不安に思っていることでしょう。そんな緊張するという思いも共有できれば、話も意外と進みやすくなります。緊張する、と思い切って心の内をさらけ出してしまことで、逆に気持ちは楽になるものです。

 

相手の話題に興味を持ってたくさん聞いてみる

 

どうしても話をするのが苦手な人は、なるべく自分で話題を見つけようと力みすぎないようにすることも対策の一つです。

 

自分から次の話題を、と意識しすぎるのではなく、相手が話すことに興味を持つことにまずは注力してみましょう。相手の仕事や趣味に興味を持ち、ただ相槌を打つだけの会話にしないようにすることがポイントです。

 

「仕事はIT関係で、エンジニアをしています」
「そうなんですか」

 

例えば、上のようなパターンだと相槌だけで会話が終わってしまい、すぐに話が止まってしまいます。大事なのは、興味を持って話を広げていくことです。

 

「仕事はIT関係で、エンジニアをしています」
「そうなんですか。もう長くやっているお仕事なんですか?」
「そうですね。新卒で入った会社なので、もう7年目です」
「7年目なんですね。私はすぐ転職しちゃったので、長く続けられててすごいですね!」

 

など、このように相槌に加えて質問を入れるだけで、会話は次へと発展しやすくなります。

 

自分で話題を見つけて会話することが苦手な人は、まずは相手の話に興味を持ち、質問したり共感したりすることで会話を弾ませていきましょう。

 

まとめ

 

婚活パーティーで話題を見つけることに自信が持てない人は、まずどんな話題をするのが良いのか、あらかじめチェックしておくことが大切です。初対面の人同士、いきなり沈黙してしまうことほど気まずいことはありません。前もって話題を用意しておけば、少なくとも最初から話題に困ってしまうことはなくなるでしょう。

 

また、会話にそもそも苦手意識のある人は、話題を切らさないために、相槌だけで話を終わらせないようにすることも大事です。

 

ホームリッチパーティーでは、種類豊富な婚活パーティーを数多く開催しています。会話が苦手な人でも話ができるよう、スタッフのサポートが充実しているのも魅力です。また、話が合う人同士で出会える趣味企画ありのパーティーもたくさんあります。

 

ぜひお好みのパーティーを見つけて、素敵なパートナー探しに役立ててください。

パーティーレポートトップ

カテゴリー